FC2ブログ

以前にご紹介しました高砂神社の奉納額は、やはり姫路藩の砲術奉納額だった事が分かりましたので、詳細をご報告します。


「高砂市史」によりますと嘉永6年(1853年)の6月にペリーが来航するという大事件が起きます。
姫路藩に限らずに諸藩の海岸防衛のために砲台が築かれます。
姫路藩には文久3年に高砂の向島の南端に台場を築き、3門の大砲が据え付けられました。
この大砲は結局、火を噴かぬまま明治の開国を迎えたそうですが、幕末の世、日本全国の藩は砲術による防衛に熱を入れていたことがわかります。

姫路藩の「南蛮流関派」大筒師範の「小屋弐貫次博長」は、安政6年(1859年)に76歳を迎えます。
師範は健康な体は高砂神社の神恩と歓び、門人たちと共に撃ち当てた的を額にして、流儀が末永く繁栄することを祈ったそうです。
文は、姫路藩の国学者「秋元 安民」が撰し、字は井上義武が書いた。とあります。

しかし、ご覧の通り現在は、文字も的も消え失せており、ただの板が奉納されているようなものです。
私はたまたま、三日月藩の砲術奉納額を見ていたので、このノッペラボウの奉納額を見て何となく砲術奉納額と思ったのですが、
高砂市史編纂した人は何を見てこの記録を書いたのでしょうか?
もちろん、姫路藩の砲術師範の師範の記録ですから当然、しらべるなら姫路藩の記録しかありません。

「姫陽秘鑑」を調べると上記の話に関連する記述があります。
安政4年五月11日に大砲と槍剣の試合をすることを諸師範に伝達されたことが記録されています。その師範達の中に小屋弐貫次博長の名前もありました。
高砂神社には、砲術奉納額と共に槍術の奉納額が飾られていたことは、以前にご紹介しました。
同じ様式でまったく同じサイズの奉納額なので同時期の姫路藩の槍術奉納額であっているかと思います。

砲術奉納額と同じく、文字が消えているので詳細はわかりませんが、姫路藩が剣槍の試合を認めたのは、安政4年3月18日のことですから、時期的には、近いと思います。
姫路藩の槍術は、無辺流と樫原流、淡路流だったことは、以前、ご説明しました。
樫原流は鍵槍の流儀なので、この奉納額は、淡路流か無辺流のものと断定してよいのではないでしょうか?

さて、どちらの流儀のものでしょうか?
文字の消え失せた今ではさっぱりわかりませんが、姫路市民ならば、姫路藩唯一(私が調べた今のところですが)の奉納額を見学しに高砂神社に足を運ばれてみては?
とても素敵な神社です。
スポンサーサイト

高砂市の高砂神社には、槍の奉納額が掛けられています。
今回の奉納額は、文字が消えうせ全く何流の物かわかりません。
社務所で宮司さんに詳細を尋ねたのですが、今となってはわからないそうです。

現在、姫路市と高砂市は別に分かれていますが、江戸時代は同じ姫路藩です。
姫路藩の武術は、姫路城の付近の神社に奉納されていましたが、第二次世界大戦の時に空襲を受けて消失してしまったそうです。
なので、もしかしたら今回の高砂神社に奉納された槍の奉納額が現存する姫路藩唯一の武術奉納額になるかもしれません。

この奉納額、滅茶苦茶デカいです。
目分量で4メートル足らずのサイズ。おそらく2間(3,6メートル強)です。
一体何流の奉納額でしょうか?
姫路藩の槍術流儀は、無辺流槍術と樫原流槍術、淡路流槍術でした。
ただ、樫原流槍術は、鍵槍の流儀なので今回の奉納額から外れるような気がします。

謎の巨大奉納額は、一体、何流のものでしょうか?


また、高砂神社には、砲術の奉納額ぽい奉納額が掛けられています。

文字が消え失せており、砲術の奉納額か分かりませんが、三日月藩に掛けられている砲術奉納額のように的を張り付けた跡があるので、もしかしたら砲術奉納額かも知れません。

高砂は港町です。その為、兵庫県の北部の藩が大阪で年貢米を売りお金に変えるために高砂の港を利用しました。
その一時仮置きする倉庫があり、ここが江戸時代に一揆に狙われると言うことで、他藩の要請を受け姫路藩の部隊が倉庫を保護するために集結することもありました。
高砂は、姫路藩にとって重要な拠点であったようです。
そのために武術が盛んだったのかも知れません。

姫路城の南東前にある護国神社には、昭和3年建立の姫路藩剣術師範の石碑があります。

高橋哲夫 荒木卯之蔵
鹿山箭五郎 大橋彦衛
境野丹次 吉岡 元
出淵伊惣次 鳴戸重治
高橋謹次朗 (漢字が出てこない)◎澤 赳
飯田利業 中原亥九太郎

の名前が刻まれています。
高橋哲夫は、無外流、津田一伝流等の師範です。

石碑は、北向きなので逆光になります。


姫路城前の護国神社。石碑は、ここの西側駐車場にある。
石碑前にバッカン(鋼鉄製産業ゴミ入れ)がおいてあるのが泣ける。

所々、文字が読めませんが、ネットで検索すると碑像マップというものがあり、それによりますと以下の文章らしいです。
----------------------
甚矣哉武道之関於士風也古之士未有不講究武道者也是以志氣剛直儉素自甘而禮儀
廉耻威風明治維新百事更張軍制兵器皆取法于歐州刀槍之技廢焉盖武道之要不存専
較技於撃刺之間而在得心法之機微然其技不熟則心法亦不可得時勢之所推移将両廢
之舊姫路藩武道師範高橋哲夫先生有慨乎此開舎于西紺屋街集徒以垂範先生既老弟
子奉遺教移舎于姫路神社境内曰育英館及武徳殿立遂併合以至今日顧繼承武道於既
墜維持士風於既壞苦節五十年可謂勉矣而先輩凋零就本者十二名豈堪俯仰今昔之感
乎大正十四年同志相謀醵金以祭先輩之霊致報恩之誠遂議欲建碑傳其遺徳於不朽今
也文教布化學校之設無不備矣風俗宜興而日趨澆季禮儀廉恥蕩然掃地視其師如路人
者蓋不求運用於心法而求神駿於驪黄也若使役徒聞此風亦足以奮發興起欤
   昭和三年四月  題字  大日本武徳會長本郷大将書    小谷長父謹撰

好古堂では、これら以外にもかなりの数の砲術や馬術が学ばれましたが、ここらで一区切りにします。

姫路藩藩校の好古堂は、酒井忠恭が建てたものです。
酒井忠恭は、文武両道で武術も芸術も優れた人で何でもこなす非常に多趣味な人でした。





が、「姫路城史」には、小姓に振り袖着せて化粧をさせて侍らせたり、年端もいかない少年を草履取りと称して召し抱えたりと、「多少の奇行」もあったと書いてあります。

要するにロリコンの男バージョン。
美少女でなく美少年を愛する人でした。
「多少の奇行」どころか、かなりデンジャラスなお方だったようです。


姫路藩藩校は、そんな違う方向でも多趣味な人が建てた藩校でした。

何か台無し・・・・・・?

好古堂宅稽古場の流儀と師範

荒木流捕手
藤井小弥太

荒木流は、荒木夢仁斎源秀縄を流祖とする総合武道です。荒木流は、長い歴史があるので、ここから色々な流儀が生まれました。
姫路には、荒木夢仁斎流居合という荒木流から生まれた居合専門の流儀がありますが、この姫路藩の荒木流捕手の師範、藤井小弥太と関係があるかどうかわかりません。
藤井小弥太も何者かわからないので、どういう系統なのかもわかりません。
荒木流は、総合武道なので、居合も指導したかも知れません。
荒木流抜剣を学んだ者として、気になる人物です。

荒木夢仁斎は、何故か九鬼神流の系譜の中にも名を残しています。
播州播磨の武術に何かしら影響を与えた可能性があります。

地元、姫路で伝承されているので、そのうち調べて見たい。