FC2ブログ

三日月藩で武術にかかわる井上家は、大きく分けると、乃井野の豪農から召し抱えられた「清水の井上家」と「表の井上家」に分けられます。
情報を下さった井上氏は、この表の井上家のご子孫です。

井上氏によりますと、表の井上家は清和源氏の流れで、小早川隆景の家臣であった井上又右衛門春忠が毛利家により
井上家が粛清された時に生き残り、後に毛利家に帰参しましたが、その処遇に耐え兼ね脱藩し、
その孫が父没後、幼少につき民間人となり白州日野下黒坂にて成長し、その子が慶長年間中に播州三日月に移住したとされ、
それが表の井上家の初代とされています。
そして四代目の時に三日月藩士に取り立てられ、その後幕末まで三日月藩の家臣として仕えました。

初代  井上新兵衛為信 (三日月村に移住)
二代目 井上孫九郎為長
三代目 井上孫右衛門為久 (庄屋となる)
四代目 井上平兵衛為智 

井上家は、初代井上新兵衛為信の時に三日月村に移り住み、三代目井上孫右衛門為久の時には、庄屋となっています。
元々、お金を持っていたのかもしれませんが、三代目の時に三日月本陣の織田家(宇田家)よりお嫁さんを貰っています。
織田家は織田信長の血筋で、三日月藩主に気を使って織田家では宇田家と名乗っています。幕末には、その子孫の宇田五郎兵衛が分限帳に乗っているそうです。
井上家は3代目の時にはすでに土地の有力者と血縁関係を結んでいたということです。

そして、四代目井上平兵衛為智の時に転機は訪れます。
藩主の参勤交代に同行した際、途上行列が川止めに会い、何日も川が渡れずに他藩も難儀していたところ、この平兵衛が森家の旅金を用立てました。
それが評価されて帰りには藩士に取り立てられました。その後、勝手向こうの御用を仰せつかり、その後の貢献によって取次に昇格し、禄高100石を授かります。
そして屋敷を乃井野の表町に賜り、それで「表の井上家」とも呼ばれるようになったようです。
四代目井上平兵衛為智は、こればかりでなく、ほかにもいろいろ金銭的に三日月藩を支えます。
3代目の時に土地の豪農「大門屋」の称号を持っていた井上家(小野家)からの分家ですが、富商となっていた平兵衛は、元禄五年に以前ご紹介した祭神流奉納額の主「川副瀧之助」のお墓がある
高蔵寺の末寺竜雲寺に隣地を寄進して寺を建立。さらに享保元年(1716年)には宅地に勧請していた妙見社に社殿を寄贈。高蔵寺にある灯篭の台石にも井上平兵衛為智の名前が刻まれているそうです。
平兵衛は、宝永6年(1709年)に12月22日に起きた火事の普請にお金を出したことが記録されています。
正徳6年(1716年)にそれまでの功績がたたえられて二十人扶持を授かった記録も残されています。
潤沢な資金力はもちろんのことお金の使い道をよく知っている頭の切れる人物だったのでしょう。

井上家はその後、
五代目 井上惣内為貞   給人
六代目 井上壽之丞為壽  用人(當用術目録の人)
七代目 井上孫左衛門為政 年寄
八代目 井上市之進為任  用人(天心流剣術お世話係)
九代目 井上寿之丞為忠  物頭

と続き明治に入ります。当然、全員、文武に秀でた優秀な人たちばかりです。
また、四代目井上平兵衛為智の老年の子で五代目井上惣内為貞の末弟にあたる滝左衛門も別家で召し抱えられ、13石で勝手方の御用を言いつけられ、
はじめ中小姓から取次となりました。
この井上家は、三日月の明光寺のところにあったそうで幕末の6代目井上滝左衛門は、馬術指南役を務めたそうです。
つくづく、武術にご縁のある家です。

さて、これ以上は長くなりますので、次回に続きたいと思います。
次回は、表の井上家最後の三日月藩士の井上寿之丞為忠の経歴とお姿を映した貴重なお写真、それと新見藩で天心流剣術のお世話係を務めた八代目 井上市之進為任が
文化12年に授かった小笠原流の巻物3巻。しまったまま、その場所を忘れておられたそうですが、今回のブログ記事作成の為に色々とお家の資料を整理していたら見つかったそうで、画像をいただきましたので、そちらのお写真も合わせてご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

三日月藩の天心流剣術と當用術の話 訂正

5月21日の稽古