山崎藩には、「一伝無想流」と言う柔術流儀がありました。
武芸流派大辞典には、龍野藩に伝承された事だけが書かれていて、謎の多い流儀です。
祖は、「村松一有」と言う人物ですが何処の誰か何時の人か不詳です。

無刀取や早縄術も含まれており、捕手術なのでしょう。流儀名が一伝無想流なので浅山一伝流と関係があるのかと思いきや、免状の中には、それらしき事が書かれていません。先日の山梨県で稽古した際に師匠に尋ねてみたところ小佐野先生もこの流儀の伝書は、お持ちだそうですが、やはりこれは、一伝と名がついていても浅山一伝流とは、無関係の流儀だろうとのこと。
紛らわしいですが、名前が被ることは、よくあることです。

さて、一般的には捕り手術は、下級武士の習う武術ですが、山崎藩ではそうではありませんでした。


免状に出てくる八田 登は、山崎藩重役の記録として奉行を勤めていたことが明らかです。更に八田家は、代々山崎藩では重役についていた家系です。
荻田十太夫は、山崎藩で代々家老を勤めました。更にこの一族は、山崎藩初代藩主がまだ大和郡山にいた頃から荻田十太夫です。
そうこの一族も國富忠左衛門と同じく当主は荻田十太夫を代々名乗っていたのです。

武芸流派大辞典には、龍野藩の記録があるようですが、龍野藩士の中に三代同じ名前を名乗った「是川十左衛門」がいます。馬術師範でしたが、山崎藩士に是川十左衛門はいないようなので、この一伝無想流の系譜の中にいる是川十左衛門と同一人物の可能性があります。
スポンサーサイト

一伝無想流補足

山崎藩伝の武術伝書