FC2ブログ

山崎藩の関口流は、柔新心流と呼ばれる関口柔心の甥にあたると言われる関口弥伍右衛門(弥五左衛門)が創流した伝系です。
山崎藩には、時代によって異なりますが色々な分野の柔新心流が学ばれました。
種目としては柔、居合、槍等が学ばれました。(伝書は各種、改めて個別にご紹介します。)




関口弥伍右衛門は、弥伍左衛門とも書かれ、山崎藩の伝書では、巻物毎に弥伍右衛門だったり、弥左衛門だったりして面白い。
今回の伝書は、武芸流派大辞典にも載っていない伝系で更に寛文年間と言うかなりレアな代物です。

免状を授与された山岸又八郎は、「天月万象紅葉巻」の元祖「不破忠左衛門」と同じく山崎藩本多家がまだ大和郡山にいた頃の家臣団に名を残しています。(28俵3人扶持。)
大和郡山と本多家と言えば、関口流本家「関口柔心」が仕えた歴史があり、山崎藩藩士と大変御縁があります。
そのため、柔新心流も学ばれたのでしょう。

山崎藩の古武術として関口流が学ばれていたことは、未発表で、この度の調査で偶然見つけたことは、とても嬉しいことでした。

スポンサーサイト

新心流槍序

天月万象紅葉巻