FC2ブログ

「神陰流極意巻」
山崎藩は神陰流と書く系統。(優先候補をあてにして華麗に誤字してました。)
免状を受けた山岸俊之助は、以前にご紹介した柔新心流系図状の免状を受けた山岸銀之助と同一人物です。
さきに銀之助と名乗っていましたが、のちに俊之助と名乗りました。
俊之助は、文化八年に柔新心流の免許を受けた上に文政二年に神陰流の免許も受けた人物です。
免状差出人の「今堀 吉之助」は、自身の事を「朝士」と名乗っています。「朝士」とは、朝廷に仕える階級の一つですが、武芸流派大辞典には「幕士」になっています。この名称の差はどこから来るのか知りませんが、不思議な感じもします。

山崎藩の剣術は、神陰流がメインで学ばれましたので、同様の免状を多くの人が学び、複数の山崎藩士の巻物が現存していますが、重複する内容となるので、ここでは山岸俊之助の免状だけご紹介します。
スポンサーサイト

多忙

柔新心流居合之次第