大嶋流槍術の巻物はかなり長いです。
なぜなら形目録だけでなく、ある程度の内容まで説明分が書いてあるからです。
しかし、最も古い代の巻物から幕末のものまで内容に変化はありません。
系譜に若干の違いはありますが、内容は全く同じです。
ずっと山崎藩で同じものが学ばれ続けました。

失伝が惜しまれます。
スポンサーサイト

山崎藩伝 神影流の系譜

山崎藩伝 大嶋流1