山崎藩伝の大坪流馬術の伝書から、もう一つ「用馬目録」です。



受取人は同じく山岸治左衛門。
山崎藩の大坪流馬術の師範に「倉橋平格」「岡橋次郎兵衛」「桑田平太夫」がいました。

大坪流馬術と言えば、一伝無双流の系譜に名を残す龍野藩士「是川十左衛門」がいますが、是川家も龍野藩の馬術師範でした。
交流の深い山崎藩と龍野藩なので、一伝無双流や上村発明流棒術以外の大坪流馬術でも深い交流があったと思われます。
スポンサーサイト

山崎藩伝「神當流馬術」

大坪流馬術「追取惣巻」