日曜日に山梨県で水月塾の本部稽古に参加してきました。
姫路を出る時は、天候を心配していましたが、当日は快晴で、富士山もすっきりとお姿を見ることが出来ました。

今回は、いつものメンバーに加えて埼玉支部長の瀬沼師範がお弟子さん御二人と共に本部を訪れて稽古をされ、柳剛流を中心に熱心に稽古されていました。
私は、力心流の棒を稽古をしました。
姫路支部には六尺棒を習う人がいないので、本部稽古は、貴重な対人稽古の時間になります。
私は、半棒術は修めましたが、六尺棒は、素人同然。四苦八苦しながらも楽しい稽古をしました。

この度は午前に武器術を午後は体術と種目を別けて稽古をしましたので、午後からは、皆で水月塾の制定形「日本柔術」を稽古しました。
多数の流儀を合わせた日本柔術の形は、非常に高度な技術が要求されますが、それだけに面白いのです。

稽古を終えると皆で恒例の楽しいお食事会。
埼玉支部の皆さんは、大変陽気なお酒を飲まれるので、場が盛り上がります。その陽気につられたのか、その日は、本部会員のブランドン氏も大盛り上がり。酒を飲めぬ私も楽しい時間を過ごしました。
本部の稽古は楽しい!


スポンサーサイト

山崎藩伝楠流

山崎藩伝「神當流馬術」