FC2ブログ

竜野歴史資料館には関口家に伝わる小笠原流の弓術伝書のコピーが存在します。
この伝書には、射法だけでなく弓術のおこりなどが説明されていて、犬追物などの説明などもされていて非常に興味深いです。
残念ながら劣化が激しく読むのは困難な個所も多い。
この関口家は、「関口 弥五左衛門 久重」を祖とする一族で、150石を貰う上士でした。
そのため、関口家には数多くの武術伝書が残されており、その中には「上村発明流棒術」の伝書もあり、龍野藩における「上村発明流棒術」を調べるうえで大変貴重な家となります。
残念ながら、未だご連絡がつかない状態で(神主の家系なので所在地はわかっていますが)出来ればこの小笠原流と一緒に報告したかったですが、少し先のことになりそうなので、まずは小笠原流の伝書のみをご紹介します。
15378751740.jpeg
15378753750.jpeg
15378754150.jpeg
15378754630.jpeg
スポンサーサイト

10月、11月の稽古スケジュール

龍野藩伝「山本勘介流」